2015年8月26日水曜日

仙台、良さ



僕は数日前まで地元(仙台)に帰省していて、それに関する情報を「誰が興味あんだよこれ」と思いながらツイッター上に過度にアップロードしていたんだけど、140文字じゃ仙台の良さは伝えきれなかったのでブログを書きます。ブログです。


仙台に行ってきました。



地元に5日間も滞在して家族以外の人と一切会わなかった筋金入りの僕はもちろん同窓会?的なことも無かったし「え〜〜!??ヨシダくん仙台いるの〜?!?遊ぼうよっ!遊ぼっ!!!」みたいなことも無かったので、仙台の良さを落ち着いて感じることが出来ました。


長くなりそうなのでとりあえず仙台の良さを羅列していきます。仙台旅行を計画されている方は是非参考にして下さい。




「仙台の良かったところ」


・やや涼しい
・良い人っぽい人が多め




本当はもっとあるんだけど、ずっと家にいたからよく分からない。実家の良いところを書きます。




「実家の良いところ」


・涼しい
・テレビが大きい
・ご飯が出てくる
・近所に老人しか住んでいないのでwi-fiの電波が干渉しない
・アパートと違って僕から出る音量を気にしなくて良い
・バスの本数が少ないので緊張感がある





こんなところです。仙台旅行を計画されている方は是非参考にしてみて下さい。



いやはや。仙台で何してたんだっけなあ俺、俺俺、いやはや、せっかくなので帰省の流れを大胆にまとめます。


まとめると、8月16日、家に帰ったけど誰もいなくて家のカギも持ってなくて、少し離れた祖母の家まで行ってカギを借りて、そのまま祖母の家でご飯を食べて、この日は終戦記念日だったから、当時東京で看護婦(学生)をしていた祖母が病院で玉音放送を聞いてみんなで泣き崩れた話と、


終戦後の「米兵に酷い目に合わされる!!」という流言飛語を真に受けて病院を脱走した祖母が、東北の実家まで電車で逃げて、やっとの思いで辿り着いた実家の玄関先で父親に「落ち着くまで帰省してなさいって病院の人が・・・」と、嘘の説明している最中に病院から電報が届き、嘘がバレ、父親に怒られ、家に上げてもらえずそのまま東京に引き返した話(僕が大好きな話)を聞いて、


僕の実家にカギを開けて入って、寝て、姉夫婦がやってきて





1人でサッカーボールを持って公園に行って、汗だくだくになるまでボールを蹴って、へとへとで家に帰ってそのまま寝て





テレビをつけたら甲子園で仙台育英(宮城)が花巻東(岩手)と戦っていて、それ見たさで両親が帰ってきて、親と工具店に行って、1人で仙台駅前に行って、アンダーグラウンドのお祭りを見て、以降ツイッターに大体書いていたと思うのでブログではもう書くことがないな、書かない!書かないも〜〜ん、おしまい。