2015年5月16日土曜日

インフルエンザにかかった

昨晩から唾や飲み物を飲み込む度に、喉に激痛が走って辛かったので今朝、朝一で近所の病院に行った。鼻の奥に「小人の釣り竿」のようなものをグイグイ押し込まれ、涙目で「うううう」と言い、待合室で検査結果を待った。


検査の結果は「陰性」だったのでインフルエンザでは無かったんだけど、お医者様が言うには「発症が昨晩でしょ?発症からこんなに早く検査をしても当てにならないから、インフルエンザの可能性も全然あるよ」とのことだった、B型がまだ微妙に流行ってるんだって。


その時に体温計で熱を測ったら38.9℃あったから、「こんなに急激に熱が出るってことはインフルエンザじゃないかな〜」って僕も思ったんだけど、とりあえず風邪用のお薬を貰って帰った。アジスロマイシンっていう菌を抑える薬とツムラの漢方を貰ったよ。家に帰ってからとりあえず漢方を飲んだけど、漢方、超うまいね。初めて漢方を飲んだけど、漢方、超うまいよ。


それから「がんばれベアーズ」っていう映画を見ながら一日中寝て、今だいたい20時くらい、まだ熱が37.8℃あるけどこのブログを書いているよ。なにも熱があるときにわざわざブログなんか書くことないと思うんだけど、少し思ったんだ。昔の人が言った「健全な精神は健全な肉体に宿る」という言葉はあながち間違っていないんだなって、思ったんだ。


自分で言うのも気持ち悪いけど、僕は最近、心のバランスを著しく崩しているきらいがあって、こういう書き方をすると「鬱アピール」に捉えられかねないから本当はイヤなんだけど、でも誰にでもあるでしょ、なんか調子わるいなーみたいな、些細なことで怒ったり、落ち込んだり、それがここ最近ずっと続いていたんだけど、要は僕の肉体が健全じゃなかったんだな。


思えば最後に全力で走ったのなんて、たぶん2012年とかだし、普段から筋トレもしてなければこれと言って運動もしないし、だから精神的に参っていたのかなーと、それで抑圧されていた肉体が、こないだ行った激しめのロックバンドのライブで解放されて、免疫が弱ったところに、ゴミを飲んだりなんかしたから、風邪を引いたんだなと、だからこれはゴミからの「体を鍛えろ」というメッセージなんだと思う。


本当は、今日は人と会う約束があって、僕のせいで予定がぽしゃっちゃって、友人には申し訳ないことをしたなって感じなんだけど、でも僕は体を鍛える良いキッカケが出来たから、良かったよ。ゴミにもインフルエンザにも感謝する。ありがとう、みんなも風邪には気をつけてね。






関連記事▶︎豊洲PITというライブハウスで行われたマキシマムザホルモンというバンドのライブを見てきた報告の文②