2015年4月23日木曜日

僕が投稿したゲーム実況動画について弁護人の見解



少し前までよくツイートしていたゲームの実況プレイ動画をニコニコ動画で不意に見てしまい、その流行ってないのにはしゃいでる感、流行ってないのに長期に渡りしつこく投稿している感に感銘を受け、そして彼自身、数年前まで同じようなことをしていた過去があるのも相まって、今回の実況動画の撮影に至ったというのがことの経緯です。


本人は取り調べの中で「始めはゲーム実況主を小馬鹿にするスタンスでやるつもりだったが、僕自身、数年前まで同じようなことをしていた過去があるのが相まって、そこそこ普通の実況動画になってしまった」と言っており、その点につきましては本人も家族も深く反省をしております。


また一部報道では "あいつはゲーム実況なんかよりもただ映像を切り貼りしたいだけ" "ヒマな時間に編集ソフトをいじる口実が欲しいだけ" といった指摘が見受けられますが、本人は「そのような事実は一切ない」と言っており、弁護団としては彼の意思を尊重していく方針です。