2015年3月20日金曜日

オタクになれない可哀想な人


僕なんですけど、特に何もないんですよね。最近ツイッターをよく見るんですけど、プロフィール欄にみんな「これだ!」っていうのがあるじゃないですか、「ラジオ大好き!!」みたいな「ミスチル大好き!!」みたいな、「お菓子!」「歯ブラシ!」 とか、各々あると思うんですけど、そういうのがぼく無いんですよね。



自己分析によると僕は典型的な器用貧乏で相当に飽き易い性格なので、継続的に1つのことに夢中にならないというか、「うち!!これだけは負けへん!!!」みたいなものが無いんですよ、どれもこれも人並み、知識も技術も興味も関心もぜんぶまんべんなくなんとなく ちょんちょんちょんちょん触れている程度なので、「これだ!!わしはこれやねん!!」みたいなものがあるオタクの人とか、すごく羨ましいんです。


でも僕のこれもよく言えば "オールマイティプレイヤー" みたいな、もう自分で言っててちゃんとゲロも吐いているので勘弁して欲しいんですけど、よく言えば "広い見聞" をみたいな、見方もできなくはないですけど、その割には物事を知らないというか、未だに野々村議員?がなんなのか知らないですし、未だに秋元才加ちゃんの「才加」の部分はなんて読めばいいのも分からないですし、こんな奴の見聞が広いとは言えないと思います。


だから僕は何かに精通したオタクになりたいんです。「オタクとかかわいそ〜〜〜」とか「アニメが恋人とかきも〜〜〜〜い」みたいな黒ギャルたちの偏見は全く違っていて、本当に可哀想なのは僕みたいに 一定の興味はあってもそこに情熱を注げない人間のことだと思います。こういう人の成れの果てがいわゆる『サブカル男子』的な、モテキよろしくサブカル男子的なモノになっていくのかな〜?と思うんですけど、


ただ僕は別にサブカル男子でも無いと思うんですよねぇ、ブログにしろツイッターにしろ多分そんなに鼻につくようなことは言っていないと思うし、こういう言い方をすると前提として「サブカル男子は鼻につく」ってことになるけど、まあ鼻につくだろあいつら、それはいいとして僕はサブカル男子でもないんですよね〜、


そう考えるといよいよ僕は何なんだってことになるんですけど、僕は何なんですか???他の人から見た僕ってどんな感じなんですか、僕は誰ですか??どんなイメージなんですか、僕はどんなイメージなんですかね。


映画のブログ書いてるから映画の人とかそんなんですかね、意見をくださる方がいたとしても例の如くそれを僕に届けるシステムが無いサイトなので、どうしようも無いんですけど、ただひたすらに、僕は何なんだと、いったい誰なんだと、そんなテーマで最近は過ごしています。


数週間前はライムベリーの一件に傾倒して疑心暗鬼を働かせすぎたせいで本当に具合が悪くなって大変だったんですけど、最近はそんなテーマです。他人の粗を探して足を引っ張るのは僕の専門分野なので、やっぱりライムベリーの事務所の件は見逃せなかったというか、粗があまりにもデカかったのでちょっとウキウキしながら「これだ!!」ってなっちゃったんですよねえ(笑)、でも


でもうーん、、僕の専門分野は他人の粗を探すことなのかぁ、うーん、この文章を書きながら僕が何者なのか、ようやく理解したけど、ただのクズだな。ただのクズです。粗捜しが得意で、人の足を引っ張ることを生業としているクズだ、よろしく!!!!!おれただのクズ16歳!!どこにでもいる普通の高校生!!!・・


僕は誰なんだ、うううううううう(うずくまる)