2016年1月13日水曜日

スマホゲームブーム5日で終了

インストールしたアプリから「ユーザーに課金させるぞ〜〜!!」って意思が見え隠れした瞬間に冷めてはアンインストール冷めてはアンインストール、を繰り返し5日で終了。

ハードコアゲーマー(据え置き機の奴隷)の僕が2016年、新たな試みとしてスマホゲームを片っ端に遊んでみたんだけど、なんか面白い面白くないとは別に課金しなくてもまともに遊べるやつはすごい偉いな〜と思った。ネコ見てるだけのやつとか、課金はしたい奴だけすればいい!って感じがすごい良かった。

逆に「これを手に入れる為にはこれが必要で、これがこうなってああだからすなわちこれは〜〜課金しないと駄目だよね〜〜??課金しなくても(一応)できますよ別に〜〜??」みたいにユーザーをがんじがらめにしてくるアプリは2秒でアンインストールした。

別に課金システムそのものを否定している訳じゃなくて、僕個人としては面白ければその対価として数百円くらい払うからゲームがそんな「金搾り取ってやる!!」みたいな顔をしないでくれ、という考え。その点であのネコのやつは「課金させる気の無さ」がすごい良かった。

なので優勝は「ネコあつめ」というネコを見ているだけのゲーム、可愛いし簡単で時間も取らない上に課金はしたい奴だけすればいいからオススメ!!これを読んでる主婦のみんなも下の子を幼稚園まで送った帰りの車の中で不倫相手と一緒に遊ぼう!!!