2013年8月6日火曜日

講義が終わり皆が帰路につく中、傘を持たない私と原田は大学内で足止めを食らった。傘立てから他人の傘を拝借している輩を尻目に、私と原田は最近ハマっている"フリースタイルラップ"を互いに披露し合い時間を潰した。その中で原田がカマしたワンバース「他人の傘盗むくらいなら、ズブ濡れで帰った方がマシだな」この言葉が私の胸に突き刺さった。たかがビニール傘されどビニール傘なのだ、窃盗に大小も無い。「他人の傘を盗むことが"平気"になってしまうくらいなら、俺はズブ濡れで構わないさ」原田のロックな生き様がよく表れた言葉に私はとても感心した。